スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今度は地球温暖化がタブーだ

 

これだけ熱いと数年前までは「ああ、地球温暖化だ」

 

なんてみなさん言っていたのに、

 

とにかく聞かないね、「地球温暖化」




 

CO2は増えてるし、進んでいるのにね。地球温暖化。

 

テレビでも雑誌でも見ないね。

 

少し前の「原発」みたい。

 

ネームダイブ中に嫌な情報が入ると困るんで

 

すっかり地上波の報道番組は見ないんだけどね。

 

 

 

ほんの数人が言った「地球温暖化懐疑論」のせいだけで

 

「あれって嘘でしょ?」だもんねえ。あれこそ嘘なのに。

 

折れずに頑張ろうね、江守博士。

 

 

で、この夏も地球は大荒れみたいだ。

 

 

それにしても「何でもかんでも管総理のせい」にしてる人は

 

怪しいなあ。

 

菅さんは「自然エネルギーへのシフトが私の使命」だって言ったんでしょ?

 

誰がどうしてそれに反対なの?

 

 



 

原発の問題も地球温暖化も人間のライフスタイルの問題。

 

そのための具体的な話をしたいし、聞きたいし、報道するべきだ。

 



利権防衛軍のマインドコントロールが撒いた放射能の夏。

 

同じ間違いは避けたいよ。

 

地球温暖化。地球温暖化。地球温暖化。地球温暖化は避けたい。

 


僕は古い?

 

何で?



この空気。

少し前の「原発」みたい。


のぞみシンポジウム

 

そんでね、福山行った話なんだけどね。

 



[崖の上にいた私]ってのも面白かったんだけどさ、

 

道中がまた凄くてさ。東京からの新幹線だったんだけどね。

 

右にあの日本NO1の環境活動家の枝廣さん、

 

左に地球温暖化国際科学者会議のIPCC日本代表の江守博士、

だもん。

東大OBサンドイッチだな。



 

おまけに先に福山で待ってるのが、今や時の人並みに大人気の

 

脱原発、環境番長の田中優さんだもんね。

 

わお。ですよ。




 このかっこいい階段の上に「ぽにょの崖」があるんだよ

 






そんでね、僕は出発直前まで資本主義の卒業をテーマにした

 

娯楽小説書いててさ。

 

つまり今の僕にとって、これ以上ないくらいに

話がしたい3人なわけ。

 
そんで、行きも帰りも3時間以上ノンストップで

 

枝廣さんと江守博士と話しっぱなし。

 

とまんないの。

 

面白すぎて。

 

もうほとんど、シンポジウム。贅沢すぎ。

 




なんか福山のイベントはUSTで中継したみたいなんだけど、

 

個人的には新幹線シンポジウムのほうが濃くて面白かったんだ・・

 

でも、イベントには優さんがいたから

それがプラスになって同点かなあ。

 

さとひゅがもしその場にいたらすぐにテープ回して

 

「これで1冊出そうぜ」って言ったね・・・確実に・・ふふ・・

 

 

そんでその時の話の内容はさ、「どうする資本主義の次?」だもん!


面白すぎ!

 

しかもね・・あの人たちは仕事とか立場とかなんだとかで

 

環境問題とか経済問題とか、

人類の幸福論について考えてるわけじゃなくて

 

本気と書いてマジなの。

 

本気で人生かけて本質と格闘して

人類の未来を明るくしようとしてるんだよ。

 

まあ最近はそういう超本気の人が増えてきたねー。




普段はろくに考えてない人がニュースでなんか盛り上がってる時に

 

環境とか幸福論とか語って、

政府と最近の若者とか批判して満足、とかいう人も多いけどね。

 

ともかくみんな具体的に動いてる。 

 

枝廣さんは今年になってから「幸せ経済研究所」を開設してるし。

 

10年以上も前にJFS(持続可能な循環社会を目指すNPO)を作って

 

今もやってる上に他にもいくつもプロジェクトを立ち上げててね。

 

それなのに枝廣さんは

 

「私ねまだやりたいことが3%くらいしか出来てないの」

 

とか言ってんだよ!ひー。俺みたい。


 

優さんも「天然住宅」の会社作って森を守りながら

世界中飛び回って講演してるし

 

エコバンクもapバンク支援もしてるし本も書いてる。

 

とにかく有言実行の人は気持ちいいよね。

 

それで江守博士はいよいよ次のステージで地球を守る行動に

入ったよ。

 

この人の活動もすごい楽しみ。

 




龍馬のいた「いろは」の中庭ー。のれんの奥はお風呂。 
かっこいいー

 

ちなみに優さんは全盛期のピンクレディーみたいな忙しさで

ふらふらです。

 

でも、ぜんぜんめげてないでビール飲んでました。あはは。

 

youtubeで優さんの講演見れるから、ぜひ見てね。

 

 

そうだ、忘れてた。山田も本気じゃき。

 

この贅沢なシンポジウムは次に出る小説に生きるんで期待しててね。

 

自分でもわくわくしながら書いてるじゃきねー


この小説ね、本屋大賞取るね。えへっ。予言!

 

 

これ、新絶薬に入るイラストじゃきのー





鮮魚でギョざいます

 

いやー

 

笑ったね

 

「アースデー」

 

いつか協力したいなあ・・なんて思っていたら

 

気がつくとさかなクンと出てたねー・・・


 

しかも、この深刻なご時世でも


大盛り上がりで

 

会場は爆笑の嵐

 

振り向くと舞台袖でスタッフさんも大爆笑してる

 

 

やはりさかなクンは凄いね

 

登場1発で完全に場の空気をもっていくもんね

 

 

 

しかもステージでも楽屋でも帰りの車の中まで何も変わらない・・


その上すべての人に気を使ってて、出待ちの人にサインして

会場出口のスタッフにも「お疲れ様です」と声かけててさ

 

本当に尊敬しちゃうよね

 

 

 

初めて会った時から彼は何も変わらず

 

どんどん国民的スターになっていくのに

 

謙虚で・・鮮魚で、

 

本気で魚が好きで

 

この地球の素晴らしさに今も本気で感動してる

 




魚のことなんかまだミジンコの大きさくらいしか

 

知らないって言っていたよ



 

そう・・

 

絶望するほど人間は地球を知らないんだよね

 

彼に会うといつもそれを思う。



ちなみに菜の花には放射性物質を吸収する力があるんだってね

今回のアースデーパレードでは菜の花を持った人たちが沢山いて


これもまた田中優さんが動いてるんだよねー

優さん凄いね




 

  

 

ステージが終わったあと楽屋にFM横浜さんが来て

 

さかなクンのコメント録り収録があって

 

なんか僕も出ることになって・・

 

今週の火曜日の13時30分あたりにオンエアだとかで

 

聴ける人は聴いてみてね

 

笑いっぱなしです

 

 


それにしてもずっと

 

「核はいらない」ってはっきり言いたかったから

 

アースデーで言えて良かった

 

 そんなことも普通に言えない異常な時代が長かったからね



 

さあ漫画家やるぞ!

 

全力でネームに入るぞー





底をうつ音

 どんな情報もあてにはならないから


もう自分で直接人に会って

それを元に漫画を描いちゃおう、なんて

思い立って描いたのが絶望に効くクスリでした。



そんなわけで、こういうときはまず

原発をなくして核のない安全な世界にしようと

23年前から活動してる我等が兄貴の田中優さんと合流しました。


僕と同じ「動物大好き人間」の優さんは原発も地震も地球温暖化も政府も戦争も金融も

旨いビールの飲み方もなんでもかんでも詳しいので



呆然としてるわけにはいかない僕はまず会ってみて・・それを漫画にかこう!

なんて思って優さんと合流すると

「原発の情報と今後のこと」についてのイベントに参加することになって・・


ユーストリームで見てた人には

「何で山田玲司が出てんだよ」なんて思った人もいるかもしれないけど



まあ、そういうわけなんです。

会って話して漫画にするのが僕の今できることなのです。

はい、やるべきことやります・・・




ちなみに優さんの周りにはすでに災害支援の若者が集まってて

行き場のない人たちの避難受け入れなどに動いてます


リーダーのまーちゃんや兄貴さんは現地にも行っていて

まーちゃんは今日、被爆覚悟で福島の赤ちゃんを助けにいきました。


みんなには

「とにかく冷静に、感情的になって考えもなく現地に行くなよ」

なんて言っていたくせに行っちゃいました・・


彼らにくらべると僕なんてゴミ野郎だと思ったけど

ここは冷静に自分にできることをしましょうね

みんなもね・・・



危険なとこにいる人をみると、安全なとこでのうのうとしてる自分を責めがちだけど

戦いは長期戦

着地点は

「悲しい思いをした人たちの気持ちを無駄にせず、核のない安心な世界を作ること」



1つだけはっきり言いたいのは

「原発がなくても幸せな社会は作れる」ということです。


今回僕は絶望の底を打つ音を聞いてます


もうこれ以上悪くなることはないです



でも本当に無理はしないで避難できる人はしばらく避難したほうがいいと思います。

放射能は目には見えないし匂いもない上に

健康を壊すのは10年後という恐ろしいものです。


どうか自分の頭で考えて、誰を信じるか判断して、後悔しない選択をしてくださいね。



みんなが笑える日をめざしていこうね。






ブレス

 

花粉と気候の激変でもう

 

なんだかわからない状態で仕事してます

 

春の始まりが

 

こんなに辛いものになるなんて

 

大好きだったのにい・・

 

 

何年も前の春に「インディカーレース」を見に茂木に行った時

 

僕は初めて花粉症なるものになりました

 

もともとがぜんそく持ちで

 

それも大気汚染が原因

 

 

全部をスギ花粉のせいにしてるけど

 

花粉症は大気汚染と過ぎ花粉が原因だって初めは言っていたよね

 

 

環境問題は「もういいか」とか思う時に

 

ガツンとくらわす

 

やっぱり避けて通れない

 

 

もう本当に仕事になんないよ

 

うー・・

 

春を返してほしいです

 


コッシー目撃情報2


埼玉県越谷市の越谷レイクタウンの湖に住むという

 

謎の生き物「コッシー」ですが

 

続々と目撃情報が上がっておる模様です。

 

 



今日はその中から国民的人気漫画「けちゃっぷ忍者」の作者

 

だろめおん先生からの「コッシー目撃情報」を紹介します。

 

 

ばばーん。

 

 

 



このコッシーはなんと全体の2%も太陽光エネルギーを

生み出せるのですねっ

 

さすがは「アメリカ帰りのだろめおん先生」

シニカルARTサッカーだねっ

 



 

エネルギー問題は正面から考えると鬱の宮直通電車に乗っちゃうから

 

こんな風に「ウルトラマンの脚本家」になって戦うのはいいですねっ

 


 

今日は何言ってんのかわかんない?

あはは

 

 

そういえば昨日書いた「山口の子」たちは

 

今はちゃんとご飯食べてるって優さんに教えてもらいました。

 

良かった・・


彼らに同意する人が沢山FAX送ってくれて

まずは何かが動いたみたいだね

 

http://www.ustream.tv/recorded/12364700 

 

 



でわっ

コッシー情報は引き続き待ってます


〜神と精霊と妖怪とUMAのいる世界を守る〜

 

 

NPO「心のUMA保護団体」代表 山田玲司

 




ちゃんと届いたよ


ココナッツピリオドという環境漫画を描いた時

 

正直な話、僕は深い絶望の中にいました。

 

 

 

僕も知らない恐ろしい現実が、待ったなしの所まで来てるのを

聞いたのは2005年頃からで、


その後「不都合な真実」が出て

 

マスコミが取り上げない深刻な話を浴びるほど聞いた

2007年がきて。

 

 


それからは自分の漫画表現とか、やりたいと思っていたことを

 

全部横に置いて環境問題をテーマにした活動を始めて


地球温暖化漫画を新聞に描いたり、図書館に入る学習本や

勉強会にイベントにスピリッツでの地球温暖化漫画の連載をして。





でも、肝心なことは雑誌では描けない上に

核の部分が薄まるために作品としても力を持たない状況。

当然人気は出ずに迷走。

 

 

気がつくと自分が自分自身のコントロールを失うほど消耗して

 

メッセージとエンタの狭間で何かを失って

 

死を見た日々が来ました。

 

 

墜落する小型飛行機が火を吹いて

 

夕焼けの中を落ちていく感じでした。

 

 

とにかく足りないのは「経験」と「ふてぶてしさ」に

 

「タフな心」

 

有り余る「純情」や「理想」や「情熱」だけでは

 

勝てない相手がいる。


それはもう「強大なやつ」がいる。

 

 

なんか鬱の宮にいるみたいだけど、理由があってね

 

今、山口の純真な若者が腹ペコなんだって聞いてさ

 



  http://yaredeki2009.jugem.jp/?eid=866&guid=ON




もうなんか

 

響いちゃうんだよこういうの

 

 

 










チャイナアドバイス


BS1のワールドニュース見てるとさ、

 

もう「世界は大騒ぎ」だよね。


 


年末にアメリカに猛烈な雨が降って

 

ヨーロッパでは大寒波で交通マヒ

 

オーストラリアでは町そのものが水没するほどの洪水

 

もう「ウルトラQ」みたいだ。

 

ぺギラでも出現した感じ。

 

 

ついでに相棒のさとひゅは今NY。

 

NYは大雪で交通マヒだし、スパイダーマンは落ちるし。

 

 

本当にやりたいことやるぞ、なんて言ってるうちに

 

世界は終わっちゃうのかなあ

 

でも、地上デジタル放送は呑気だねえ。

 

もうどうでもいいけどね。

 

歌舞伎役者の不幸と不倫ツイッターが見たい国だもんねー。

 

 

う、やばいざんす。愚痴ざんす。やめるざんす。

 

 


でも、救いのニュースもあったね。

 

中国の砂漠化が止まったんだってね。

 

砂塵舞う枯れた湖が植林の効果で甦ったんだってね。

 

うーん、朗報・・

 

 

てんつくマンも何回も中国に植林しに行ってたけど

 

やったねっ。

 

 

色々あるけど、いい話もあるね。

 

 

 
うーん・・愚痴ブログ警報だ

 

ジェットコースターとケインズ


ジーザス、お誕生日おめでとう。

 

もう2010歳だね、2011歳?まあいいか。



生まれた? 




みんなどうしてる?


おとなしい雰囲気だよねえ。

 

バブルの時は「恋人とホテルかなんかにいないと人生おしまい」

 

みたいに言っていたのが嘘みたい。

 
もはやこの時期に彼女がいると男子連中には「めんどくさい季節」
 

「いやあ、よかったなあ今年は彼女がいない」とか

 

「恋人がいない自由―」なんて言ってて

 

もう彼女も妻もいない人が幸せな日、な感じ。




 

時代で人はこんなに変わるんだねえ・・

 

 

 

 

僕は枝廣姉さんとその仲間の皆様とジーザスの誕生会。

 

 

なぜかお蕎麦を打って、蕎麦団子を作るみんなと

キャンドルナイトでした。

 

自分でビール作っちゃう人も棚田作っちゃう人も、

フランス語できる人も飛行機売ってる人もいる。

 

 

実はこの人たちは循環型社会にして人類と地球を守るNGO。

 

このまま経済成長を続けていったら絶滅しちゃうのに

 

まだ「成長病」が治らない人類ばかりの中で

 

1番ちゃんと目が覚めていて、行動してる凄い人たちです。

 

 

発信基地を支える熊



その名もJFS

 

ジャパン フォー サステナビリティ(持続可能な循環社会)

 

世界147カ国に情報を配信していて、

670人のボランティアがいて、

 

情報は瞬時に何万人もの人に届く。



蕎麦団子も作るし

 

代表の枝廣さんは政府の活動や経済界への働きかけや、国際会議まで

 

凄いパワーで地球の未来を守る人。

 

でも、いつも穏やかで優しい人。

 

今年は以前より大変だったらしいけど、めげない人。

 

 

 

ビール大好き


 

そういえば、このNGO(政府関係ねー団体)とか

NPO(利益関係ねー)

 

という人たちが地球防衛軍を始めた頃

 

いいなあ・・なんて思ってましたねー。

 

 

気がついたら一緒にビール飲んでるし。

 

念ずれば通ず。

 

 

そううえば、昨日ジェットコースターの番組の再放送があった。


 

ジェットコースターで1番ドキドキするのは

カタカタと登っていく時。

 

不安もストレスもその時がピークで、

落ちたら案外楽しくなる一方。

 

 

環境ジェットコースターは落ちるときに

ひどい被害は避けられないけど

 

登り続けるストレスで、みんなクタクタだし。切れまくりだし。

 

過去ばかり見てるし・・

 

 

そういえば、僕も昔の話多いよなあ・・

 

昔話は精神安定剤かあ・・

 

 

未来にジェットだ。

 



とかいいつつ

去年はゼブラーマン2で仕事中にスタッフみんなとこんな時間つくったね

京都に行ったN君元気? 彼女できた?


 

 

強いばかりが男じゃない


梶原一騎先生は若い頃、年上の踊り子の女性と恋に落ちて

 

同棲してる時に自分より年上でエリートの会社員の男が来て

 

「君よりも僕のほうが彼女を幸せにできると思う」

 

「彼女の幸せを想うなら、別れて欲しい」

 

と言ったらしい。

 

 



若き梶原先生はまだろくに収入もなく、

 

悩んだ末に、ある夜彼女が寝付いたのを見て

 

何も言わずに家を出たという。

 

 

たくさん泣いたという。

 

なんかこっちまで泣きそうになる話だ。

 

 

 

梶原先生は鼻歌でよく

 

「強いばかりが男じゃないと、いつか教えてくれたひと・・」

 

という歌詞の歌を歌っていたと篤子夫人は言っていた。

 

それは多分あの時別れた彼女のことだと思うと

 

篤子夫人は本に書いている。

 

 

 

今年は本当に女の人に教えられた年だった。

 

先週の蝶姫には読者の人に対する誠実さや、

自己犠牲の精神を
久々に見せられた。

 

彼女と彼女のファンのありかたを見ると、いかに僕が読者の人から

 

離れてしまっていたか思い知った。

ごめんね。

  

 





ところで

なんだかまた戦争の風が吹いてきて嫌な感じだね。

 

どう考えても石油依存の社会を循環型の社会に変えることが

 

人類が生き延びるためには1番の優先課題で。

 

 

一刻も早く自然エネルギーをスタンダードにして

 

楽しくて健康な「農の国」に向かうべき時代なのに。

 

 

もー

何?

 

まだ戦争?

まだ経済発展?

 

ジョンー、ワッキャナイドゥー。なんて。

 

また、勝手に絶望先生になってると。

 

 

枝廣姉さんが「山田さん、本できたのー、帯書いて」

 

なんて言ってくれて・・・



しかもその本はまさに

 

脱成長社会がテーマでした。

 

タイトルは「エコを超えて、幸せな未来のつくり方」

 

枝廣さんが8年も前から循環社会を目指して活動してるNPO

 

「ジャパン フォー サステナビリティー」が具体的に取り組んだり

 

見つけたりした、循環型社会のための具体策。




書いたよ帯、いい本!

 


 

具体策!

 

 

もう始めてる!

 

 

なんだかこれ「いい男の選び方」に書いたのに近いな・・

枝廣さんは「いい男」か?
 

 

ともかく

「枝廣姉さんとその仲間たち」素晴らしいです。

 



 

ちなみに

 

戦争について僕の考えは、

 

本当の敵は「欲望」

 

人類共通の敵はいつも「欲望の暴走」だと思う。

 

全部心の問題。

 

人類の邪悪な心に愛のミサイルを・・

 

だと思う。

 

 

 

そういえば昨日のブログで「自然エネルギーは1%」なんて

 

書いちゃったけど、ごめん、バイオマスとか地熱忘れてたから

 

3%です。

 

 

詳しいことが知りたい人は枝廣姉さんの本や、

田中優兄貴の本読んでね。

 

江守隊員の本はさらに詳しいデータ満載でお勧めです。

 

年末はこの「具体策チーム」と盛り上がる予定です。

 

決まったら告知するねー



これ近所の木。 元気ー



 

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode