スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


その先を考える日々

 

羽生さんに絶薬に出てもらった時にね、

 

すごく謙虚でいい人でさ。

 

会ってすぐにガンダムの話とかしちゃったんでさ。

 

すっかりファンになってしまいまして。

 

ええ・・節操ないけど、僕は会って話してファンになることが多いの。

 

最近は特に『自分で見て聞いたこと』しか信じてない感じで

生きてるの。

 

そういえば寂聴さんが戦争が終わった時に決意したことと

同じこと言ってるな。

 

うん・・まあ3.11以降はある意味戦後だしね。




サンタモニカ砂漠

 

あ、話がそれたけど羽生さんの話ね。

 

今、名人戦で同期のライバルと激戦中だね。

 

しかも羽生さんの3連敗であと1回負けたら終わり、ってとこからの

 

3連勝だったね!

 

いやーろくに将棋がわかんないのに応援してたよもう。

 

で、面白かったのが、試合展開を予想するプロ棋士のみなさんが

さんざん考えて

 

「こうくるでしょう」とか言ってる手をズバッと裏切るとこ。

 

もう漫画みたいにみんなが

「まさかこんな・・・」みたいになるんだね。

 

そんで「さすがは名人戦」とまとめるプロ棋士たちが面白い。

 

 

名人はみんなが考える「こんなかんじ」のはるか先を考えるんだ。

 

なんてかっこいいんだ。総理になってほしいよ。

 

 

そんな羽生さんは「負けたときはすぐ寝る」とか言ったなあ・・

 

もうすぐ発売される新絶望に効く薬に羽生さんの絶薬も入るから

 

よかったら見てね。

 

 

あと関係ないけどNBAファイナルも熱かったねえー

 

何をのんびりテレビ観戦してんだ。とか言われるかなあ

 

いいの、見ても。理由を言うね。

 

戦争も経済成長戦争も人間を不幸にするからもう禁止なの。

 

で、そうなると戦いが好きな人類の遺伝子が疼いて困るので

 

将棋だとかスポーツだとかはもうすごーく重要!

 

なんでこんなものに命かけてんの?みたいなことが超重要!

 

「自分が儲からへんでも阪神が勝ったらええねん」とか

 

「いや、負けてもええねん」みたいな境地が人類存続の道やねん。

 

ブラゼルどないしたんや、下柳まだ投げんのかい、とかで

 

ビールが旨いとかいうようなことが「人類の希望」やねん!

 



ホントはビーチ



で、NBAなんだけど、エースのノビツキーが優勝した後

 

すぐに1人でロッカールームに引っ込んで

 

しばらくしてからみんなのいる歓喜の輪に戻ってきたのを見て

 

なんか関係ない俺まで胸が熱くなったね。

 

泣いてたの?ノビー

 

泣くよねー  2メートル超えてても うんうん

 

これで何億も貰えるから喜んでんだろ、とか言うなー

 

あー・・すっごい話がそれたけど、僕も今

 

すっごく「その先」を考える日々です。

 

髭を剃るのも忘れます。



これは釣りしてるロスの人

こういうのも重要

釣りいいなあ・・

 


箱根駅伝復路


上田監督・・山梨のみんな・・

 

お疲れ様でした。

 

残念だったけど、頑張ったね。

 

早稲田さんおめでとさん。

 

スピの新担当のMくんは早稲田星人だから良かったねー

 

 

東洋の友情劇は泣けたね・・・

 

少年ジャンプより泣けたね・・

 

 

 

いつも思うけど、

 
「襷を繋ぐ」ってのはいいよね。

 

DNAにしろ、文化にしろ、

 

みんな先代からの襷を渡されて生きてるんだもんね。

 

 

「俺はここまでだ・・あとは頼む・・」

 

なんて。


本当はみんな


「汗と思いのしみ込んだ襷」を渡されているのだ。


 

自分が誰から襷をもらってるのかは、わかりずらいけど。


生きる理由はその「襷を継ぐこと」かもしれない。



 

「だれかの思いを継いで、次世代にたくす」

 

なんて人生は幸福な人生でさ。

 

そういう時、人は想像以上の力を出すんだろうね。

 

 
お伊勢さまの若木



あと、肝心なのは「負ける」ことでさ。

 

惨敗した日大は今年、どこよりも充実した日々になるかも

 

しれない。

シード落ちの山梨さんもね。


 

「負け」は「力」になって。

 

「勝ち」は「おごり」を生む。

 

 

駅伝は良くできた「ART」だと思う。


 

世界はARTばっかりだ。

 





モネみたい

 

箱根駅伝

 

見ちゃった


今年も箱根駅伝・・




山梨学院まで行って、上田監督に会って、

 

絶望に効く薬で描いたのはもうかなり前なんだけど


ずっと応援してますよ。上田さん。


 

上田監督とその国境なき仲間たちの暖かいチームも好きだけど

 

ちゃんと見ちゃうとみんないいね・・

 

 

体育会系なんか大嫌いなパンクバンド人間だったのに

泣けちゃう。




 

東洋大学の柏原くん・・

 

伝説のデビューで「山の神」なんて言われて

 

もう勝って当たり前の人にされて、でも怪我して。

 

さんざんな1年だったらしいのに・・

 

また勝ったね・・ごぼう抜きの山登りでチームを優勝させたね。

うう・・

 

泣いてたね。


そりゃ泣くよね。


 

本気で生きてる人見ると本当に泣けるよ。

 

本気で汗かこう・・

 

 

それにしても・・

 

世界中の「走る人」を尊敬しちゃうね。


 あの日の山梨学院


そして山の神っ


山本愛の本心

 

バレーもかよ?と言われそうですが、

世界バレーも見ている山田玲司です。



これはアシ君




「テレビなんか捨ててしまいたい」とか思うけど、

 

捨てられません。スポーツとかあるから。



 

元アシの人が

「漫画描いたあとに何を楽しみにしたらいいかネタが尽きた」

 

と言っていたけど、

僕は録画したスポーツ中継を見てる事が多いです。

 

 

 

何しろスポーツは「リアルタイムドキュメント」だ。

 

日本シリーズでは解説の人たちがしきりに

 

「一体この後どうなっちゃうんでしょうねー」と言っていた。

 

元スター選手が揃って「先がわからない」世界だ。

素人がわかるわけがないから面白い。





これが「テレビドラマ」になるとそうもいかない。

 

仕事柄先ばかり読んでしまって楽しめない。

(たまにいいのもあるけど)

 

 

で、バレーなんだけど、今回のチームにはママさん選手がいる。

山本愛選手だ。

 

どうもそういうキャラにしたいのだろうけど、

テレビはやたらとそこを強調する。

 

 

子供を生んだけど、「頑張ってるママの姿を娘に見せたい」から

選手に復帰した人らしい。

 

いい話だし、わかりやすい。


 

でも、それだけが「山本愛」ではないと思う。

 

娘のためもあるけど、自分のためもあるはずだし、

チームの仲間のためとかもあるだろうし、

 

「秘めたる何か」もあるかもしれない。



 

「勝手に1つに決めなさんなよ」と思っていたら。

 

ある試合で活躍した山本選手のインタビューがあった。

会場には彼女の娘。

 

インタビュアーはおそらく指示された通りに

 

「この活躍を見ている人がいますよね?」と彼女にマイクを向けた。

 

山本選手は「また・・そういう・・・」と言いかけて、

 

すぐに「はい、娘です」と、現場の空気に従った。

 

偉いなあ。山本愛。

 

元阪神の赤星さんならブチ切れてるかも。(それもいいけど)


 

テレビはいつも「こう見ろ」と指令を出して見る人の思考を止める。

 

でも、スポーツはそこをはみ出す。

 

それが面白い。


で、まだ体調いま1つ・・昨日はネーム描いたけど、

絵が荒れそうだから

今日に回した仕事が・・・やらなきゃ・・


「お前がしっかりしろ」の日だ・・・



一歩ずつ


お前がしっかりしろの法則


いいかげん最近「前向き過ぎてた」らしくて、体様が反乱。

 

寒気がするのでコタツで療養してました。




 

ありがたいことに「日本シリーズ」が激戦。堪能。

でも5時間って・・すごい。

 

スポーツ選手って凄い。

 

球場に行くと「ピッチャーしっかりしろー」

なんて野次オヤジが沢山いて、

 

まあ大抵は「お前がしっかりしろ」な感じなわけですが、

 

お金払ってるし、本人前に言っているんだからいいと思う。

 

そんな観客に「ふざけんなコラ」とか噛み付く赤星選手みたいな人もいいねー。

 

野球観戦に行くと「ああ、こうやって日本人はストレスを発散して

経済成長してきたのだなあ」なんて思う。

 

会社帰りにビールにやきそば。

子供の頃からの夢を叶えたスポーツ選手に

 

「しっかりしろ」と、上から言える場所。野球場。

 

 

 

最近、日本のロックが面白くて

ずっと「毛皮のマリーズなんかを、ヘビーローテ」なわけだけど、

 

去年くらいまでは「日本のロックしっかりしろー」なんて

思ってました。

 

怖いね、ろくに聴きもしないで、

耳にしたヒット曲だけで勝手に

 

「日本のロックは駄目になった」なんて判断してたんだね。

 

駄目になったのは自分。

 

「お前がしっかりしろ」状態だ。

 

 

こういうのは多い。

 

「子供にしっかりしろ」じゃなくて「親がしっかりしろ」とか

 

「総理しっかりしろ」の前に「お前がしっかりしろ」とか




 

ともかく
 

千葉のみんなおめでとう。いいチームだったねマリーンズ。

 

名古屋の皆様、来年は燃えるねー。

 

しかし、お金貰えないのに応援して、泣いたり笑ったり、

 



スポーツっていいよね。

 
ボビーに会った日の千葉マリーンズスタジアム



阪神平野劇場

たまたま見たプロ野球が、あまりに感動的だったので、

スポーツノンフィクションに挑戦します。


阪神平野劇場

約2ゲーム差で迎えたペナントレースの最終版

 

後のない伝統の阪神巨人戦。

 

息詰まる投手戦が続く。

 



阪神で当っているのは1番のマートンだけ。

 

豪腕ゴンザレスを打って塁に出た。

 

ここで2番の平野に送りバントのサイン。

 

平野君ここでバント失敗、ダブルプレー。

 



なんと平野君はこの試合で、このパターンを3回も続けてしまうの

だ。


「負けたらお前のせいだ平野状態」の甲子園。


 

巨人をなんとか0点に抑えているのは怪我から復帰したばかりの若き

エース能見。

 

「彼のために」とチーム1丸のタイガース。

 


大ベテランの金本、桧山が連打、ついに巨人から1点をもぎとる。

 


1−0で迎えた9回、逃げ切れるかタイガース。

 


しかし、阪神「押さえの切り札」藤川は、連投の疲れで切れ味がな

い。

 

襲い掛かる巨人の猛打者。

 

あっという間にノーアウト1,2塁。

 

一打逆転の最終回。

 


藤川は打たれ、ボールは猛烈な勢いで1,2塁間に飛んだ。

 

そこには、平野。

 

平野君、横っ飛びで掴んだボールをショートの鳥谷、ファーストのブラゼルへー

 

今日いい所のなかった3人での、ダブルプレー!

 

猛り狂う甲子園。

最後は藤川が脇谷を三振に抑えてゲームセット。

 

 

ベンチに戻る選手が平野の肩を叩く。

 



うーん・・なくなるわけないよ「野球」




calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode