<< 風と共に去りぬとオメガトライブ | main | しずる 村上さんに会う >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


無料で読めます

 

どんな男を選ぶべきか?

なんて、先週偉そうに語ってたけど。 

その時に「すでに始めてる男」と言いました。

 

「いつかは俺もやる」という言い訳ばかりで

何もしない男には気をつけたほうがいいです、という

話だったんだけど、



多分これは自分自身がこの先やりたいことを

始められないで
時を無駄にしてしまう恐怖心から

出た言葉だと思う。

 



 

「ああだ、こうだ」言いつつ結局は

「しないことの言い訳」に終始してる人を見ると、

 

「いいからやれよ」と言いたくなるもので、

 

自分がその時何かしら同じような「できない言い訳」を抱えて

 

やるべき事をしてないときなんかは、まるで我が事のように

 

「いいからやれよ」を誰かに言ってたりするよね。

 



 

確かに物事にはタイミングってのがあるみたいで

 

焦っても結果がでない事も多いけど、

 

「もしあの時やってたら人生はどうなっていたか?」

 

なんて恐ろしいことも多い。

 

 

 

今回99歳で旅立ったおばあちゃんは

「天橋立」に行きたいと言っていて

 

僕は焦ってた。

 

このまま「いつか行こうね」なんて言ってて、


ある日永遠の別れがきたら耐えられない。

 

大騒ぎして親族巻き込んで、おばあちゃんの夢を実現した。

 

 

 

でもそうやって「別れの後悔」を避けようなんてエゴは

 

現実の別れの前には、ほんのささやかな予防薬にしかならない。

 

そんなことを今回思い知った。

 

 

僕は前世とかで「とんでもない後悔」をしながら死んだのかなあ。

 






 

そんなわけで、今回もブログで恥かいたり、

 

大嫌いだったWEBに乗り込んだりしたのも

 

後悔しないためです。

 



 

ようやくHPも動き出します。

 

 

HPでは去年描いてた時事漫画「ウサラッチ」が読めるんだけど、

 

あれも各方面に迷惑がかかるので自由には描けなくて、

 

打ち合わせが1番盛り上がるという悲しい状況で、

 

フラッシュも「絶薬」に戻したわけです。

 

ジャパンでサウスパークは描けない現実を思い知りました。

 

 

そこで僕の漫画を好きだと言ってくれる

世界一素敵な心を持つ皆様のために

 

山田玲司漫画の第一話をHPで無料で読めるようにします。

 

「Bバージン」「アガペイズ」「ドルフィンブレイン」

「ストリッパー」などの初期作品から

 

「ゼブラーマン」「ココナッツピリオド」にいたるまで全部無料。

 

もちろん絶望に効く薬の「山田玲司編」も読めます。

イエーイ。

 

 

春には六本木ヒルズで史上最大の山田玲司イベントが決まってて

 

その時に絵本と新絶望に効く薬1巻が出る予定です。

 

漫画の新連載と2冊の書籍の企画もスタートしました。

 

 




ささやかな予防薬でも

 

やるんだよ、どうせいつかは涅槃の旅路。

 

 

恥も失敗も慣れがくる。

 

 


スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 07:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode