<< しずる 村上さんに会う | main | 叫ばなければ伝わらない >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


毛皮のマリーズ

 

 

渋谷AX・・行ってきました・・

 

ただ、単純に「毛皮のマリーズ」が見たくて。

 

 

 

 

彼らは今年半ばまでインディーズバンド。

 

今年メジャーデビュー。

この日のライブはワンマンで最大の会場。

「羽化」の瞬間。


 

今年は本当にマリーズの曲に救われてたのもあって

 

この瞬間を見逃したくなかった。

 


まさに今「ヤマト発信」。

 

メンバー全員緊張してるのが伝わる。

 

嬉しさも伝わる。なんか甲子園の高校球児みたい。

 

 


 

マリーズのボーカルの志磨くんは

 

緊張してて歌詞を飛ばしまくってた。

 

なんて新鮮なステージ。

 

 

「僕ら昔ここで警備員のバイトやってたの」

 

「警備員のみなさん好きに踊って下さい」

 

「ロックは押さえがきかないものです」

 

なんて言ってる志磨くん。

 

 

きっと当時、「警備員は客になるな」とか

 

言われたんだろう。

 

微笑ましすぎる。

 

 

 

一方僕ときたらAXに来たのは「グループ魂」のライブ以来で、

 

その時はゼブラーマンがらみで招待されてて

 

偉そうに招待席で映画会社の偉い人と一緒に

 

2階からステージを見下ろしていた。

 

密かにバンドの分析なんかしながらね。

 

まったく最低だ。

 

そんなふうになると何かを無くしていくことを

 

忘れていたのも最低。

 

 

 

でも今回は大丈夫。

 

自分でチケット買って、寒空の下で並んで1階の立ち見席。

 

あたり前のこと。

 

なんか「ただいま」って感じ。

 

 

 

いくらでも解説や分析はできるけど

 

なんか今日はそんなしょうもない「評論家」はしたくない気分。

 

 

ともかく志磨くんは久しぶりに見た本物の「若き詩人」

 

ロックの歴史を丸ごと抱えて飛び出した精霊。

 

死にかけたロックを全肯定して蘇生させるために生まれたみたい。

愛と肯定の歌を浴びまくった教会のミサのような時間。

 

 

 

大好きな人と2度と会えなくなってしまって5日目に

 

大好きな彼らの羽化の瞬間を見てる俺。


なんて脚本だ。


 

 

分析かあ・・

 

 

感謝しかできないよ。

 

 


パルコまで・・



スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 10:02
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode