<< 梶原一騎先生の雪見だいふく | main | それでもARTは祝福 >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


音の精霊

 

 

やい寒波

 

俺をこたつから出せっ




 


あと少しっ

 

あと少しで次のステージに届きそうなんだ

 

でも何かが違うんだ

 

漫画にしても他のものの表現にしても

 

なにかもっといい表現があるはずなんだ

 

だから

 

待ってて人類絶滅

 




 

そんな時元アシで

 

ミュージシャンで

 

ナイーブなエロテロリストのアカが「ライブやるよー」なんて

 

言ってて。



 



久しぶりに新宿のフリークに行ってきました。

 

今回はアカの主催イベントで、昔から知ってる顔ばかり

 



アカの世代は団塊ジュニアで、今30代半ば。

 

団塊ジュニア世代は親がネイティブビートルズ世代だし

 

カートコバーンとかジャミロとかガンズとか直撃世代で

 

渋いロック好きが多くて、

 

僕らバブル世代を心底バカにしてる世代。

 

(ロンドンブーツの淳氏が青田典子さんとかをからかう様な

 

どこか「侮蔑」の視点でバブル世代を見てる感じ)

 



 

でも本当に「ごもっともな話」で、

 

1部のインディーズを除いて、時代に踊ってた大半のバブル世代は

 

ノリだけで生きてるから

 

下の世代はあきれてたと思う。





バブル世代だけどバブル世代が嫌いだった僕は団塊ジュニアが好きで

 

付き合いも多くて

 

今回のイベントもなんか居心地がよくて




 

途中からみんな「音楽の妖精」に見えてきて・・

 

ビールのせいかなあ・・なんて

 

 


でも、あらためて

 

ARTを感じる瞬間で

 

祝福の瞬間。

 




なんかアカが今後沢山イベントやるらしいので見てください。

 

Dopalfinというバンドです。

 

ALASKAのミツちゃんもすごくいいです。

 

みんな音の精霊。

 

僕といっしょに何かを始めるという神の脚本もあるので

 

その時はよろしくね。

 

 


復活してからどんどん良くなるのを感じる
Dopalfin

 

アカの野郎・・30代半ばで鼻ピアスあけただけの気合は感じたぜ。

 

Dopalfin、世界を照らしたまえ。

 

俺は言われなくても照らす。

 

 

Dopalfin

http://www.dopalfin.asia/



スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 08:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode