<< 笑われていこう2 | main | コッシー目撃情報2 >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ちゃんと届いたよ


ココナッツピリオドという環境漫画を描いた時

 

正直な話、僕は深い絶望の中にいました。

 

 

 

僕も知らない恐ろしい現実が、待ったなしの所まで来てるのを

聞いたのは2005年頃からで、


その後「不都合な真実」が出て

 

マスコミが取り上げない深刻な話を浴びるほど聞いた

2007年がきて。

 

 


それからは自分の漫画表現とか、やりたいと思っていたことを

 

全部横に置いて環境問題をテーマにした活動を始めて


地球温暖化漫画を新聞に描いたり、図書館に入る学習本や

勉強会にイベントにスピリッツでの地球温暖化漫画の連載をして。





でも、肝心なことは雑誌では描けない上に

核の部分が薄まるために作品としても力を持たない状況。

当然人気は出ずに迷走。

 

 

気がつくと自分が自分自身のコントロールを失うほど消耗して

 

メッセージとエンタの狭間で何かを失って

 

死を見た日々が来ました。

 

 

墜落する小型飛行機が火を吹いて

 

夕焼けの中を落ちていく感じでした。

 

 

とにかく足りないのは「経験」と「ふてぶてしさ」に

 

「タフな心」

 

有り余る「純情」や「理想」や「情熱」だけでは

 

勝てない相手がいる。


それはもう「強大なやつ」がいる。

 

 

なんか鬱の宮にいるみたいだけど、理由があってね

 

今、山口の純真な若者が腹ペコなんだって聞いてさ

 



  http://yaredeki2009.jugem.jp/?eid=866&guid=ON




もうなんか

 

響いちゃうんだよこういうの

 

 

 










スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 20:52
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode