<< 鬱トラマン | main | いきものがたり >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


阪神平野劇場

たまたま見たプロ野球が、あまりに感動的だったので、

スポーツノンフィクションに挑戦します。


阪神平野劇場

約2ゲーム差で迎えたペナントレースの最終版

 

後のない伝統の阪神巨人戦。

 

息詰まる投手戦が続く。

 



阪神で当っているのは1番のマートンだけ。

 

豪腕ゴンザレスを打って塁に出た。

 

ここで2番の平野に送りバントのサイン。

 

平野君ここでバント失敗、ダブルプレー。

 



なんと平野君はこの試合で、このパターンを3回も続けてしまうの

だ。


「負けたらお前のせいだ平野状態」の甲子園。


 

巨人をなんとか0点に抑えているのは怪我から復帰したばかりの若き

エース能見。

 

「彼のために」とチーム1丸のタイガース。

 


大ベテランの金本、桧山が連打、ついに巨人から1点をもぎとる。

 


1−0で迎えた9回、逃げ切れるかタイガース。

 


しかし、阪神「押さえの切り札」藤川は、連投の疲れで切れ味がな

い。

 

襲い掛かる巨人の猛打者。

 

あっという間にノーアウト1,2塁。

 

一打逆転の最終回。

 


藤川は打たれ、ボールは猛烈な勢いで1,2塁間に飛んだ。

 

そこには、平野。

 

平野君、横っ飛びで掴んだボールをショートの鳥谷、ファーストのブラゼルへー

 

今日いい所のなかった3人での、ダブルプレー!

 

猛り狂う甲子園。

最後は藤川が脇谷を三振に抑えてゲームセット。

 

 

ベンチに戻る選手が平野の肩を叩く。

 



うーん・・なくなるわけないよ「野球」




スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 09:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode