<< 神は細部に宿るの意味 | main | 水の鳥の原発 >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


YMOの殴ったもの

僕が中学の頃メインだった音楽は

「ニューミュージック」っていう例のユーミンさんの


POPS
革命とフォークの残党だった。

 

どっちも主に情念をテーマにわりと湿っぽい歌を

歌っていて、

それの欧米かぶれの金持ちテイストが

ニューミュージックで学生運動貧乏テイストが

フォーク残党系みたいな感じだった。


(実は僕はどっちも好き)

 

その表面では「芸能界さん」がいるんだけど

そんなのはどうでもよくて。

(このへん本当今も同じ)

 

面白いのはその頃にあの「YMO」が出てきたことで。

 

なんたって歌詞がない。情念拒否。


あの頃は本当のキッズだったから意味が

わからなかったんだけど、

あの事件は今考えても凄いと思う。

 

何でこんなこと書いてるかというと、

あの時に
YMOが表現した何かの結論が

2011年の今出てるからです。

 

結論だよ。「ソリッドステイトサバイバー」とか

「増殖」が殴った時代の何かがどうなったかの結論。

 


あの時の彼らの仕掛けは専門家が

何冊も本にできるくらい深いんだと思うけど、

まあ、「日本の夜と霧」とか「浅間山荘ドキュメント」

とか「同棲時代」とか「カムイ外伝」とか見た後に


YMO
の「ソリッド」とか「増殖」のジャケット見るだけ

で何かがわかるはず。

 

あの3人は今もかなりの「ART活動家」だけど、

若い時の仕掛けは凄い。


スネークマンショーとか戦争反対とかもね。

 



色々あるけど、僕が思うのは
YMO

「俯瞰した」ってことです。

 

鳥の目でギラつく「狂気のトキオシティ」を眺めたんだね。

情念の革命に敗れて別の何かの戦士になる同じ顔の人た

ち、マージャンの卓にマネキンの女。



あれは一見社会派から離脱してるように見えて、

物凄く社会派。青臭い青年の主張なんだよね。

それがすごくいい。


YMO
は散開したあと坂本さんはアフリカに行くし、

象と語る人になるし細野さん達の旅もずっと社会派。




 

ところで原発は超ハイテクという顔をしてるけど

情念の社会の象徴。


欲望と感情と血縁だの地元だのがえげつなく絡みあって

誰も本当のことが言えなくなって、

結局だれも幸せになれない浅間山荘な世界。

「犬神家の一族」とか「奇子」な世界。


「俺たちだけが」とか「あいつらは汚い」とかの

ローカルな情念の戦争。


その延長にあるのが

「非核3原則の国に核の発電所が建つ」っていう世界

なんだよね。



 

さて、次の時代は「脱クール」だと言う人がいて

僕も共感してます。

YMOは脱情念だけどクールではなかった。

熱い社会派だった。

彼らが批判してた「ローカル情念の時代」が

もうすぐ終わるね。


本当に良かったと思う。


 

 

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 20:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode