<< 水の鳥の原発 | main | 世界の終わりの話 >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


対談集の価値

 

何となく本屋で見つけた

「赤塚不二夫先生の対談集」にやられてます。


人の本とか読んでる余裕なんかない

スケジュールなのにね。

 

でも、好きなんだよね。対談集ってのが。

 

テレビでも対談てのはスリリングで好きなんだよね、

 

MCとかいないともっといい。

 

作り物のトークじゃない「瞬間」が垣間見えるからね。

 

だからつい「グータン」は見ちゃう。

 

あれの男性編の時も面白い。

 

 

「こう見なさい」というふうに

テレビには「見方」ってのがあって、

これが「うるさい」んだと思う。

 



人と人が会話しているのって、

受け手の想像の余地があるので面白いんだよね。

 

間とか言い回しに「その人間性」が出ちゃうんだ。

 

僕が絶薬を始めた1つの理由に、この

「対談好きだったから」ってのがある。

 

特に好きな対談集は中島らもさんの「訊く」

 

あと、村上龍さんのも好き。

 


で、今回の絶薬の単行本には対談集が付くんだ。

 

漫画で描いてるのに、何でわざわざ?

 

な、感じもあるけど

 

好きなの。対談集ってやつがさ。

 

まあでも、絶薬は基本僕が聞き手なんで、

いつか対等のやつ

 

出したいね。漫画論とかを漫画家としたり、

 

恋愛論も映画論も文明論もいいな

 

ぶっとんでる「スピリチュアル論」なんかも

 

超おもしろそう

 

あ、ロフトのライブとかでやろうかな。

 

中継なんかしないで、

「ここだけの話」な感じもいいかも。

 

 へへっ






スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 16:27
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode