<< 荷物 | main | 助かる人と助からない人 >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ロスでの取材終了です

 

そういえば7年前にアメリカのセドナに行った時

 

トランジットでロスの空港で何時間か待たされて

 

その時一緒だったウエダハジメと

 

「ロスも飽きたな」なんてほざいてましたねえ。

 

空港から出てもいないのにねえ。

 

でも今回は空港出ちゃったよ。

 

夢のカリフォルニア。




 

今更ながらこの場所は7,80年代に日本中の若者が憧れた

 

原型の世界。杉山清貴にDRスランプ、サザンだとかね・・

 

そびえる椰子の木にサーフタウンと大都会、サンセットビーチ

 

なんだか原発地獄の日本から見るとまるで冗談みたい。

 




もちろんこの1見パラダイスな場所もハードなビジネスと

 

階級の世界で、今回の仕事でも色々な所でそれを

 

思い知らされましたねえー

 

 

なんで、お前がロスなんだ?

 

うん、本当にね、何でしょう。

 

前にも書いたけどヨーガの取材で来たんです。

 

・・もう、僕がヨーガに取り組んで1年半でさ・・

 

効果は劇的としか言いようがないんだよ。もう。

 

漫画家生活25年でボロボロになってた体があっという間に10年は

 

若返って、腰痛も肩こりも冷えも内臓疾患もぜーんぶ治ってるし。

 

体の若返りは今も止まらないんだ。

 

肌がきれいになるし、よく眠れる。よく笑う。よく歩く。

 

なんと言っても、精神的な余裕が劇的に増えて前向きになった。

 

 

昔の絶薬を読むとまるで僕は「精神疾患」みたいだもんね。

 

その原因は体様をないがしろにしてきた事で。

 

そんな自分だからこそ効果が劇的だったんだと思うんだけど、

 

じゃあどうしたらいいか?という答えをヨーガは教えてくれたわけです。

 

「これを伝えたら人生を救われる人が沢山出る!」と思ったらさ

 

もう伝えるしかないと思っちゃったんだよね・・

 

 

特に日本でのヨーガは誤解されてるしね。

 

僕は漫画家だけど「翻訳家」だと思っているんで、

 

今回は資本主義卒業とヨーガについて感じた

 

面白くて、劇的に人生を変えるヒントを

 

書くんです。(漫画も描いてるよ)

 

 

僕はずっと「資本主義の卒業」について考えてて 

 

そのテーマで今娯楽小説を書いてて、その回答の1つが

 

過去の知恵で、「行」にあると思ったのと

 

5000年の歴史があるヨーガの哲学に希望を見たわけです。

 

資本主義の究極の1つの町がロスでもあって

 

その土地で今会うことの出来る世界で唯1人の

 

「正統な流れを継ぐヨーガマスター」に会ったわけです。

 

しかもそのマスターの特訓を受けたの・・

 

先生になるために世界中から集まったヨーガマスターの卵の人と

 

一緒にねっ。40度を超える室温で90分ノンストップですよ!

 

 

ああ 怖かった・・

 


しかし、そのマスター・・実際の年齢より20歳以上若く見えるんだ・・・・

優しい人で、ホント良かった・・・



「ペンギン村」も「Bバージン」もパームツリーだったねー


 


スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 09:01
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode