<< ロスでの取材終了です | main | その先を考える日々 >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


助かる人と助からない人

 

今の時代について考えてると

 

どうしても「淘汰」という言葉が浮かんでしまう。

 

中国が経済開放に向かった時に

 

「豊かになれるものから豊かになれ」

 

と言っていたみたいに
 

「助かれるものから、助かれ」

 

という、ハードな回答が浮かんでしまう。





 

それくらいこの時代の深刻さの認識には大きな違いがあって

 

もう言葉の通じない人も沢山いるように見える。

 

だけど「助かれるものは、助かれ」はいいけど

 

どうしても本人のせいじゃない人が「助からない」ことが

 

やり切れない。




 

そこで今週の僕の回答は、


「助かれるものは、助けろ」


 

「照らせるものが、照らせ」

 

「笑えるやつが、笑わせろ」

 

うん

 

「描けるやつは、描く!」

 

うう・・・とか言いつつヨーガのやりすぎで。久しぶりに

 

「生まれたての子ヤギ」みたいにフラフラです。






アメリカはリスがその辺になんとなくいるのがいいね


 


スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 09:25
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode