<< 車屋さん | main | 苦痛に神が宿る >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


カメが逃げる夏

 

僕の同居人はカメと魚が2匹。

 

カメはカブトニオイガメっていう沼亀。

 

水槽で飼うので日光浴がいらない種類なの。

 

名前は「ツルゲーネフ」4歳くらいかな。

 




こう熱いと爬虫類は元気。ガンガン逃げる。

 

忙しいのに今日本格的に亀が逃げて、どこにもいない。

 

1時間探して、見つからない。

 

このままだと引越しの時、亀のミイラと対面、なんて最悪の想像。

 

そんなの嫌だから、汗だくになって亀の目線で仕事場を這いまわって

 

押入れでやつを発見。

 

何度も「脱出は意味がない」と彼には言ってきたのに。

 

ネームが進まないのに・・って



 

ふと思ったんだけど、僕は売れない新人漫画家時代を

 

「カメ見て楽しい?」っていう漫画で脱出してるんだよね。


ともかく・・

 

脱出をあきらめないツルゲーネフに


学ぼう。




スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 20:56
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode