<< 「アリエネ」コミックス1巻発売です。 | main | 女子バレー最高! >>

スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ブログ再開します

 ずいぶん更新できなくてごめんなさい。
 今週から再開します。
今、江守正多博士の書いた『地球温暖化はどれくらい怖いか』という本を読んでます。本当に怖いのは経済利益の為に「有る事」を「無い事」にしてしまう空気ですね。あと広重と国芳という2人の歌川さんにもはまってます。
 今週のFLASH『新・絶望に効く薬』のゲストは、Pia-no-jaC←(ピアノジャック)という打楽器カホンのHiro(森冨正宏・30)とピアノのHayato(立成隼人・30)が組んだまったく新しいサウンド『ハイブリッド・インストゥルメンタル』ユニット。
 2人の衣装はツナギで、まるで「作業員」のような恰好で現れます。そこでバッハだのモーツァルトだのをガンガン「自分流」にして演奏してしまうわけです。正当な音楽教育を受けてきた人には信じられないような「おきて破り」の連続です。これが僕にはとても心地いい。僕は昔から漢字が苦手で字も汚くて、デッサンも狂う人間です。実を言うと「余計な事は考えないでまずは基礎」という教育に不満があったので、「やらなかった」のです。HAYATO氏のように楽譜の読めない音楽家や、字を知らない文豪なんかに会うと嬉しいです。この国は「勉強のできるいい子」によって被爆した気がしてならないんですよね。何にでも「基礎の前の大事な事」があるんじゃないですかねぇ。


スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • 11:28
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
[感想]山田玲司『美大受験戦記 アリエネ』第29話――《彩色の星/Chromatic Star》
内なる野獣を解放せよ。(第28話の感想はこちら)  第29話「薩摩のフォーブ <後編>」(5月28日発売ビッグコミックスピリッツ掲載)。状況に光明が見えたわけではない。ただ、今度こそ、本当に迷いを捨てて集中できるようにはなった。期間は、あと一日。―――私は、
  • ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook
  • 2012/05/29 6:24 PM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode