スポンサーサイト

  • 2012.09.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


鍵の男

 

武蔵浦和で埼京線に乗り換えがあって

 

人ごみの中にまぎれて歩いていたら

 

僕の前を歩いていた男の人が鍵を落としたんだよ

 

チャリンってはっきりと音がしたんで、

 

僕が拾わなくても男はすぐに気がついて落とした鍵を拾って

 

それはすぐに何事もなかったように終わったのだけど

 

僕はその意味についてずっと考えていて

 

 

なぜ僕の前にあのタイミングで鍵が落ちたのか?

 

なぜそれは前を行く男が落としたのか?

 

なぜ鍵なのか?

 

 

単純に「先人が鍵をくれる」ということかなあ

 

なんて考えていたんだけど

 

どうもそうらしい

 

キーワードは「行」

 

雑に言ってしまうと

 

「やってみたらわかるよ」

 

みたいな感じかな

 

 

 

 

肝心なことは情報では伝わらないのだ

 

 

鍵はそこにあった

 

だから今、僕はそれを本にしているんだけど

 

 

着地点が見えたので少し楽になりました


ふー・・・

 

そんなわけで、また下らないブログを書き始めるかもしれないので

 

そういうの待ってくれてる人はちょっと待っててね

 



向こうに富士山



小説家になる予感

 

震災前から企画していた新書を進めてたら

 

なんか新書というより「小説」みたいになってきてて

 

なんでそんなことになってるのかと言うと

 

「何かこっちの表現のほうが面白い」とか

 

「こっちのやり方のほうが入りやすい」とか

 

「なんかもっとパワフルな表現にならないかなあ」

とか思っているうちに

 

自然と小説みたいなものになってきてて・・ 









まあ、この後編集作業が沢山入るんで

 

どういう形になるのか最終型はまだ見えないけど

 

こういう「予期せぬ創作行為」はドキドキするんでかなり楽しい。

 

 

自由が好きだから漫画家になったけど、

 

そもそも音楽も本も映画も絵画もみんな自由にやっていいんだよね。

 

 

今更僕は何を言ってるんだ?

 

 

ちなみに

 

周防さんが「自分が面白いと思ったことを伝えるために演出する」

って
言っていたけど、本当にそうだと思う。

 

 


伝えられれば勝利、伝わらないのが敗北。なんていうライン引きも

 

あってもいいと思う。

 

そのために自由にやりたい放題やるのもいいし、

ルールを使うのもいい。

 

 

問題はさ

 

「本人に伝えたいことがあるかどうか?」

 

多分これは言葉にできなくても大丈夫だし、

 

理論的に矛盾してても大丈夫だと思う。

 

 

「何か」があるなら大丈夫

 

僕にはあるんで、ホントまだまだあるんで書きます。

 

 

しかし自分が小説家になることは想像してなかったけど、

 

小説で表現するのも凄く面白い。

 

 

よし決めた。小説家も漫画家も画家もやろうっと

 

夏からは音楽家も脚本家も作詞家もやるんだ。

 

イベントのゲストもいいけど早く自分の舞台を始めたいよ。


出会いの傾向

 

最近は本当にいい出会いが多くて

 

こういう人とこういう話がしたいなあ

 

なんて思っていたら

 

そういう人に出会う

 

 


「見ないこと」にして先送りにしてたり

 

ろくでもないマイナス思考に取り付かれてるときは

 

本当にそういう感じのろくでもない出会いが続くしさ

 

 

そういえば「ろくでもないモード」の時に

 

絶薬の取材で「輝いてる人」に出会うと、

 

その人生の勝利者(そう見える)さんは

 

「なんでそんなに暗いの?」みたいな顔で僕を見ていたっけ

 

 

「なんでそんなに悪い面ばかり見るの?」

とか言われたりね

 

ああ

 

確かにそうだよね、

 

でも、その時はわからないんだよね

 

 

「なんだよみんないい気なもんだよ

 

こうしてる今もアフリカでは・・・」なんて

 

自分の問題を国際問題とすり替えたりするよねー

 

 

回し車のハムスターみたいにグルグルいくよねー

 

ああ、疲れるのにどこへも行けない日々なんかもあるよねー

 

そういえばハムスターは夜行性だな

 

 

ともかく出会いは自分の精神状態の表れ

 

 

ちなみに最近の僕の出会う人の傾向は

 

「過去の文化をリスペクトしてる熱い人」

 

 

 

そう

 

このろくでもない国を作った人達の中にも偉大な人達がいたし

 

ろくでもない外国にも偉大な人達がいる

 

本当にさ

 

何も終わったわけじゃない

 

 

 

地中の放射能を吸い上げてくれる菜の花は

 

仕事を終えたら集められて処理されるけど

 

土は少しもとに戻る

 

 

そんな菜の花さんが世界中にいて

 

たとえ人知れず処理されても

 

祝福されるさ 絶対にね

 

 


ダークマター

 

未知の物質ダークマターについてBSの科学番組でやってて

 

これがなんだかあらゆる疑問に繋がるような

 

この世界の成り立ちとか

 

この世とあの世とか

 

阿頼耶識とか集合的無意識とかに通じてる感じがして

 

 



3回も見たんだけど

 

どうしても数学の部分で理解できなくてさ

 

 

とにかく僕の頭は数学的な事に向いてない

 

数字がそもそも苦手だし)

 

でも理解したくて

 

ここは元数学教師の江川先生に聞こうかと密かに考えてたら

 

 

その日、クラブで友人のライブがあってね

 

 

行ってみたらカウンターに渋い白髪の紳士がいて

 

バンドの人にその人を紹介されたんだ

 

 

「こちら漫画家の山田さんです」

 

白髪の紳士はタバコをくわえながら言ったよ

 

「私は数学者です」

 

 

 

おまけに彼は美術と数学の関連性を研究をしていて

 

僕の好きな「ラファエロ前派」が専門だって

 

意味のある偶然の嵐か・・



 

ちなみにダークマターの超対称性素粒子説はしびれるよ

 

梶原先生が亡くなったあとに奥さんのところに現れて

 

「この世とあの世は地続きなんだぜ」

 

と言った話を科学が証明する気がする

 

量子論にもつながるし

 


40過ぎてもまだまだ知らないことばかりで

 

嬉しい

 

 


武蔵野線

 

終電近くに武蔵野線に乗ってたら

 

20代前半くらいの男の子が

 

なんか少し酔ってて

 

連れの男の子に

 

「俺はさあ、社会の歯車にはなりたくねえんだよ」

 

と、言ったんだよ

 

 



うん

 

聞いちゃった

 

漫画のセリフで書いたら担当から

 

「こんなこと実際に言いますかね」とか言われて

 

ボツになるようなこと

 

本当に言うんだねー

 

 


「おー・・・言ったなー」

 

なんて思っていたら、しばらくして彼は


 

「ありがとうって言われてえんだよ」

 

と、言って

 

 

そのままくたびれたキャップのツバを降ろして寝た

 

 

 

僕は

 

「いいぞ、そのままいけ」

 

と、密かに彼の人生を応援しました

 

 

まあこの年で僕も彼と大差ないからね

 

あはは

 

 


本屋大賞に選ばれました(中2)

 

 

そこそこ遅い時間に


1人で定食屋さんでお茶飲みながら

 

「70年代のゲイカップルに生き方を学ぶ」みたいな本を読みながら

 

「資本主義の落とし所」と「レベル7」と

「スピリッツの新作」のこととか
考えてたら

 

小学館の絶薬担当のMくんから電話があってね。

 

 


「久しぶりじゃん、結婚したんだって?おめでとうMくん」

とか言っていたら

 

「いや・・山田先生・・先生のほうこそおめでとうございます」

 

なんてMくんが言って

 

「何の話?」

 

「いや・・本屋大賞です・・今年から若いうちに読んで欲しい本を

選ぶという
中2大賞というのが新設されてまして・・」

 

「へえ」

 

「それを山田先生の非属の才能が受賞してます」

 

「へ?」



 

非属の才能は2007年の暮れに出した大昔の新書で

 

「群れから外れるのは才能のある証拠です」

 

みたいなことを書いて

 

「世界中の孤独な天才達を救うのだ」と言いつつ

 

「自分を救うためだろ」とかいう

 

自分突っ込みにうなずきながら書いた本で

 

稚拙ながらも「魂の叫び」な本ですよ ええ

 

いい本です そこそこ話題にはなったけど

 

 

3年以上も前の本だし

 

今それが認めてもらえるのはなんか深いところで

 

自分の本の価値を認めてもらえた気がして嬉しいですよ

 

本当にね・・

 

 

素直にありがとう書店さん 若者さん 

 






 

実はこの日1人で護国寺の梶原先生のお墓に行って

 

「とっつぁんよお・・力をくれねえか」

 

なんて不遜なお参りに行ってね。

 

 

その後いくつか打ち合わせがあって

 

 

大きなイベントが地震の影響で見えなくなってきてね。

 

でも今度の連載は絵描きや漫画家をめざす人たちの漫画だし

 

今も真剣に絵の世界で頑張る人たちを取材してるので

 

 

「ここは1つ若い世代の絵描きに人達に発表に機会をあげて

 

山田玲司が彼らを応援する賞を作ろうか」とか言っていたのだ。

 

 

で、

 

その日の夜に僕が若い人たちに選ばれたんだよ。

 

なんだこれは

 

本当に僕の人生の脚本はいいセンスだよなあ

 

とっつあん

 

やるよ

 

面白いことやるよ 

 

悲しみをぶっとばせ だよ

 

 

 

 

 


何がそうさせてるの?

 

 

試されてる時間が続くね

 




 

ともかく




「うそつきテレビ」なんかより


「自分」を信じよう




 

核なんかいらない

 

 




なんでこんなことが普通に言えないのかな?

 

  

水も飲めない国にしたのは

 



いったい何なのかな?

 

 


停電という作戦タイム

 

何でも人生には「やたらと眠くなる時期」というものがあって

 

そういう時期は人生の変わり目で

 

睡眠で体や昼の意識から離れた魂が

 

「さあ次はどうしようか」と考える

 

魂の作戦タイムみたいなものらしいです。

 

 

 

計画停電なるものが地域持ち回りで行われていて

 

嘘だらけのテレビのやつが黙って

 

下品な照明どもも消えて

 

ろうそくの前で自分の声を聞く時間

 

 

「これでよかったのか」

 

「これからどうしようか」

 

 

なんて

 

仲間たちは今

静かに目覚めてきてる気がしてます

 

 

 

 

思い出すのが確か10年くらい前に地球の流星群が来て

 

みんなが家を出て夜空を眺めた夜のこと

 

 

どこかに派手な照明があると星がよく見えなくなるんで

 

車はライトを消し

 

気がついている人の家は電気を消して

 

なるべく地上を暗くして

 

みんなで星を見た夜

 

 

 

あの時僕は

 

「今この瞬間に何かに気がついて、変わった人が沢山いる」

 

なんて感じていた

 

 

 

沢山の卵が孵化して飛び出す光景が見えます

 

 




大丈夫

 


僕らは核をなくせる




 

 


イキドオルマンはヒーローだ

 福島で被災されてしまった人たちの受け入れをしている若者と話をしていたら

すらっとしたイケメンの人が僕に声をかけてきて

「もう自分でも憤ってるばっかりで・・」

なんて

「今回の事で苦しんでる人を救えない自分や、情報操作してる何やらとか

相変わらずの誰々の事とか考えてると、どうしたらいいかわかんないんです」

みたいな事を伝えてくれてね・・


彼はそんな自分を責めてもいてね・・



もうなんかさ

この人も「ヒーロー」だな

なんて思ったんだ


誰かの不幸を我が事に感じて、何かできないか苦しんでるんだもん

立派なヒーローだ

そしてまたこの国の若者ときたらそんなやつらが沢山いやがるんだ


もうヒーローばっかりだよ

もちろん女の人にもね


僕もずっと自分を責めてて、社会を憂うこともしょっちゅうだけど

そういう気持ちになれるのは健全だったと思う


なーに浸ってんだとか言う人もいるけど

ちゃんと考えてんだからいいよ 浸っても

すぐに答えなんかでないもん

苦悩のヒーローでいいよ



ちなみに

その時出会った「イキドオルマン」は

「僕、役者なんです、昔は戦隊ものとかに出てて、今は色々な役で・・」

なんて言っていた

わお

本当に元ヒーローだったんすね


ゼブラーマン2で描いた「元ヒーローくん」の本物と遭遇だったんだね




そういえば昨夜

かつて通っていた高校に何かを伝えに行く夢を見たよ


何を教えられんだろうね

イキドオルマンになる方法かな


うん、いきどおろう

そして、ちょっと進もう


what do we do



決めました

もう否定的な話はしません

完全に前向きにいきます


すべてがいいほうに向かいます


実のところ友人が釜石にいたり

福島の第1原発と第2原発の間に住んでる人もいて


地震のあとは連絡もとれなくて

なまじ脱原発活動をしていて色々最悪の話を知ってたので

心がしんどかったです


福島の友人のお父さんは事故のあとに

「牛の餌をあげないと」と家を出ようとしたらしく


もう大変でしたが

なんとか東京に避難しました。

釜石の人も無事に連絡がついたのですが


ただただ幸運だっただけで

今は死にたくもないのに亡くなった人たちのために

「自分はどうするのか」考えてます



すでに原発廃止を訴えている政治家のリストを作る動きもあって

選挙に備えてる人たちもいます

誰に投票するとこの国から核が無くなるかわかるようにする作戦だね


いいね

前向きで具体的

批判より選択肢


否定より肯定だー



 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode